今日の松浦さん3/4(月)

こんばんみ~^(゜Θ゜)^

PanasonicリフォームClub株式会社雅住建の松浦です!

 

 

 

先週の金曜日、

先日完工いたしました事務所新築工事、「有限会社妹尾産業」様へお邪魔いたしました。

 

外観です。

素敵じゃないですか~(*´ェ`*)☆彡

入り口の木部がアクセントになってますね。

 

 

玄関から応接室。

お祝いの花が多すぎて…(;´∀`)

奥にいる弊社の乾、大石が霞んでます(´゚д゚`)

見えにくいですが、実は素敵なヘリンボーンの床になってます。

また近日中お伺いいたしまして、内装の写真を公開したいと思います。

 

妹尾産業様、事務所完成おめでとうございます!

これからも末永いおつきあいをよろしくお願いいたします。

 

 

 

先日現場で工事内容の話をしていたんですが、

実は「左官」のほかに「右官」という呼び方も存在することがわかりました( ゚д゚)ハッ!

ということで今回は「左官」と「右官」について調べてみました。

 

左官は一度は耳にしたことがあるかと思います。

塗り壁、コンクリートの床仕上げなどを行う職人さんのことです。

 

じゃあ右官はどんな職人さん?

話は飛鳥時代にまでさかのぼってみましょう!

 

当時の建設業もやはり、土木系と建築系とがありました。

といっても、土を扱うか木を扱うかといった大まかな分類ですが。

そもそも左官とは、主典(さかん)という官位のこと。

天皇の住まいに美しい頑丈な壁を造った事で、

天皇から「左官」の称号を賜りそれ以降呼ぶようになったそうです。

土系が「さかん」で左なら、木系は右で「うかん」といった感じなのでしょうか。

ですが日本では「左上右下(さじょううげ)」という言葉があるように、

右左なら左の方が尊いとされていますから、右官って響きはなんだかよろしくない!

ということで「うかん」という呼称はなくなっていき、

「さかん」という呼び名の方だけが今まで残ったようですね。

宮中に出入りするから官位をあたえられたんですかね?

 

ちなみに大工(おおきたくみ)という言葉は存在しました!

今の大工(だいく)とは読み方も、内容も全く別物でした。

大工(おおきたくみ)というのは現場監督者のようなポジションでした。

その右官を大工(だいく)と呼ぶようになったのは、

ずっとずーっと後の話。

 

 

左官も大工も、千年以上前の律令制度の名残りっぽいですが、

これらの語源には諸説あるようです。

左官も大工も日本の文化を継承し続けている、すばらしい職業であることは確かです。

もちろん、他の建築職も!

これからもその各々の秀でた専門技術を残していきたいです。

 

 

 

~゜。★゜遠くの親戚より近くの雅゜。★゜~

PanasonicリフォームClub株式会社雅住建
福岡市早良区四箇6丁目4-6-1F
HP http://prcmiyabi.com
E-mail info@prcmiyabi.com
TEL 0120-6810-19
一般住宅リフォーム内外装工事の設計施工
古民家再生
未来に繋ぐ家
福岡県伝統再築士会
店舗の企画設計施工
マンション内外装リフォーム
リノベーション工事一式
オール電化太陽光発電工事
グラフィックデザインの企画・制作・立案
他総合リフォーム一式
一般社団法人福岡県中央古民家再生協会
株式会社雅住建一級建築士事務所
エリア:福岡市早良区・西区・南区・城南区・福岡県全域
ページトップへ戻る