スタッフブログ

今日の松浦さん12/13(木)

こんばんは~!

PanasonicリフォームClub株式会社雅住建の松浦です(*´ω`*)

 

 

 

先程ヤフーニュースをみて凹んでいます(-_-;)

ソチ、平昌両五輪金メダリストの羽生くんが

全日本選手権を欠場すると発表したそうです。

 

羽生くんは11月のフィギュアスケートのGPシリーズ・ロシア杯で右足首のじん帯を損傷し、

GPファイナルも欠場していました(TдT)カナシイ…

その後診断名は右足関節外側靱帯損傷、三角靭帯損傷、右腓骨筋腱部分損傷。

3週間の安静固定、その後リハビリ加療に約1カ月もかかるらしいです。

無念の3年連続全日本選手権欠場となりました。

平昌オリンピックの前にした怪我も右足関節外側靱帯損傷。

私事ですが、その羽生くんと同時期に私も同じ怪我をしました(*´艸`*)オソロ

関節外側靱帯損傷であれば、

全治まで3~4週間ほどかかるようです。

実は骨折よりも靱帯の方が意外と“めんどくさい”んです。

私はアスリートでもないので、ギブスを外してからは

適当にしかリハビリをしていませんでした。

なので今でも右足首は常にひねったような感覚です。

ですが日常生活には支障ありませんし、

寒さが厳しいときに疼くぐらいです。

ただしスポーツ選手のようなアスリートの方はそうはいきません。

後遺症によってパフォーマンスが大きく低下してしまうからです。

どのような後遺症が残るのか調べてみました。

 

・足関節の外側にゆるみが生じたままで、

関節が安定しないため瞬発力に影響が生じるようになります。

・関節のセンサー機能の低下により、

ボールコントロールの低下など、

バランス能力の低下によるパフォーマンスの低下が生じます。

・靭帯の機能低下により動きに左右差やクセがついてしまいます。

無意識にこれをかばうことでほかの部位に負担がかかり、

足首の捻挫から腰やひざの負傷につながります。

 

このような後遺症によるパフォーマンスの低下を

アスリートは恐れて治療に専念します。

 

羽生くんも早く良くなって、

また素敵な羽生スマイルを見せてほしいものです(*´ω`*)♡

 

 

 

今日は午前中はパソコンとお友達。

午後から打ち合わせ、現場確認に行ってました。

 

まずはS様のマンションへ。

 

 

壁がようやくでき始めました。

 

その後N様邸へ。

 

専有部の配管工事です。

床をあけて古い配管の撤去中です。

 

両物件も一先ず順調です。

お客様と確認しながら丁寧に施工していきます。

 

 

 

寒さに負けずにがんばります!

また明日~(^_^)/~

 

 

 

~゜。★゜遠くの親戚より近くの雅゜。★゜~

PanasonicリフォームClub株式会社雅住建
福岡市早良区四箇6丁目4-6-1F
HP http://prcmiyabi.com
E-mail info@prcmiyabi.com
TEL 0120-6810-19
一般住宅リフォーム内外装工事の設計施工
古民家再生
未来に繋ぐ家
福岡県伝統再築士会
店舗の企画設計施工
マンション内外装リフォーム
リノベーション工事一式
オール電化太陽光発電工事
グラフィックデザインの企画・制作・立案
他総合リフォーム一式
一般社団法人福岡県中央古民家再生協会
株式会社雅住建一級建築士事務所
エリア:福岡市早良区・西区・南区・城南区・福岡県全域

ページトップへ戻る