「天然温泉」や「掛け流し」の意味【暮らしの雑学】

 

こんにちは。株式会社雅住建の松浦です。

新型コロナウイルス感染が落ち着いた時期に、まず国内旅行になると人気の「温泉宿」でしょう。温泉には「天然温泉」や「掛け流し」などの説明がありますが、どんな温泉なのかご存知ですか?

天然温泉の定義

 日本の場合「温泉法」という法律により、次のどちらかひとつを満たせば「天然温泉」として認められます。

湧き出る水温が25度以上であること。

指定されている特定成分(19種類)のうち、ひとつ以上が規定値に達していること。

 一方、天然温泉の成分を人工的に加えたお湯や、天然温泉であっても「加水・加温」したり「循環・ろ過」、さらに「入浴剤・消毒剤」などを使用した場合は表示が義務化され、一般に「人工温泉(準天然温泉)」などと呼ばれます。

お湯の供給方式の違い

 常に新しいお湯を給湯し、古いお湯を捨ててしまう方式を「掛け流し」といいます。特に湧き出たお湯を加工せず、そのままの状態で供給するのを「源泉掛け流し」と呼びます。

 一方、お湯をろ過・加温して常に循環させ再利用するのが「循環式」です。循環式の多くは新しいお湯を加えながら循環させています。

 天然と人工の違いや、供給方式の違いだけで温泉の優劣は判断できません。お湯の性質や、宿の雰囲気などを総合的に考えて行先を選んではいかがでしょう。

 

そんな気分が自宅で味わえる、オススメの商品があります!!

 

 

パナソニックのオススメ商品

パナソニック バスルーム:水盤LED照明(演出照明)

まるで、天井から太陽の光を浴びているような気分になります。お湯に浸かり、心が洗われるような爽快感が得られます。

あかりを落とした浴室の空間で、水面にゆらゆらとした光が映ります。すると月あかりのような幻想的な眺めが拡がります。あえて暗さを楽しむ入浴がいっそう心地よく感じられます。

【Lクラスバスルーム 「水盤LED照明」】(31秒)

ご参考動画:Channel Panasonic-Official

 

まとめ

コロナ禍の今、三密を避けるために皆で自粛してますよね。早く感染が落ち着いて、日帰りの小旅行に行きたいと思っておられる方も多いと思います。今回は、『「天然温泉」や「掛け流し」の意味』『パナソニックのオススメ商品』をご紹介しました。温泉に行けない今、ご自宅で温泉気分を味わってみてはいかがでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

浴室のリフォームのことなら株式会社雅住建に遠慮なくお気軽にご相談ください!

ご相談はこちらから
0120-6410-19 0120-6410-19
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る