スタッフブログ

今日の松浦さん11/28(水)

こんばんわ!

PanasonicリフォームClub株式会社雅住建の松浦です( *´艸`)

 

 

 

今日は朝から打合せ・現場確認で動いてました。

 

 

 

N様邸です。

トイレの壁一部撤去。

 

 

 

LDKの一部に間仕切り壁を造作中。

 

 

 

キッチンの吊り戸棚も撤去。

 

 

 

キッチン解体・撤去。

 

 

 

さてさてどんなお部屋になるか…

非常に楽しみです~( *´艸`)♡

 

 

 

S様邸

解体中。

現代の生活スタイルに合わせて、

広々とした間取りにしたいと思います。

 

 

 

では今と昔の間取りってどう変化したのでしょうか。

大きな違いとして、核家族化が進んだことに対応した間取りの変化や、

洋間の増加が挙げられます。

昔は複数の世代での同居が多く、

それに合わせた間取りが採用される傾向がありました。

また、昔は全体的に和室が多く、

洋室がメインになったのは戦後、年数が経ってからだそうです。

椅子やベッドを利用する生活様式が普及したことも一つの要因ですね。

お風呂も一昔前には深くて面積が小さい浴槽の隣に、

バランス窯と呼ばれる湯沸かし器などが設置されていることが多かったのですが、

今では給湯器は家の外側に取り付けられることが多く、

浴槽は広く浅い形状のものが採用されることが増えています。

キッチンも昔は台所は見えない場所に設置されていることが普通でした。

それが今はLDKの真ん中に据えられていたり、

インテリアの一つとして考えられるようになりました。

そして大きく変わったのが、トイレ。

昔の住宅では、水洗でないことから、

家の外部にトイレが設置されているケースも多かったのですし、

形状としては和式が標準的でした。

現在では、トイレは家の中に設置され

、場合によっては2階にも設置されています。

もちろん和式ではなく、洋式がほとんどですね。

 

世の中の生活スタイル・家族構成が変われば

間取りも変化していくんでしょうね。

今後も変化していく家作りは勉強が尽きないと改めて感じました(´゚д゚`)

 

 

 

~゜。★゜遠くの親戚より近くの雅゜。★゜~

PanasonicリフォームClub株式会社雅住建
福岡市早良区四箇6丁目4-6-1F
HP http://prcmiyabi.com
E-mail info@prcmiyabi.com
TEL 0120-6810-19
一般住宅リフォーム内外装工事の設計施工
古民家再生
未来に繋ぐ家
福岡県伝統再築士会
店舗の企画設計施工
マンション内外装リフォーム
リノベーション工事一式
オール電化太陽光発電工事
グラフィックデザインの企画・制作・立案
他総合リフォーム一式
一般社団法人福岡県中央古民家再生協会
株式会社雅住建一級建築士事務所
エリア:福岡市早良区・西区・南区・城南区・福岡県全域
ページトップへ戻る