梅雨~初夏にかけての食品保存のポイント

 

これからは気温も湿度も上がる季節。

今回は、この時期に注意したい

食品保存のポイントをご紹介します。

 

ポイント①

買った魚や肉のパックに

ドリップが出ているときは注意しましょう。

ドリップは食材の組織液や

タンパク質が染み出たもので、

微生物が繁殖しやすくなります。

できればキッチンペーパーなどで

拭き取り、別容器に移すと安心です。

 

 

ポイント②

普段は常温保存の根菜類も、

この時期は冷蔵庫に入れるほうがよいでしょう。

このとき、1つ傷んで他のものに移るのを

防ぐため1個ずつ小分けし、

キッチンペーパーなどで包むのがおすすめです。

また、粉物や塩・砂糖などを

冷蔵庫に入れているいる場合、

調理時に出すと結露で湿気るので、

出しっぱなしにせず早めに戻しましょう。

 

 

ひとりでも、みんなでも使い勝手がいいPanasonic「ラウンドアクセスシンク」
 
 
幅がコンパクトですが
奥行きを広げ、
3方向どこからでも
使いやすい形状のシンクです。
 
キッチン側に回りこまなくても
ダイニング側からちょっと水を汲んだり
手を洗ったりできます。
 
多方向からシンクにアクセスできるので
1人で家事をする際も
無駄な動きが減って
作業がはかどります(^^♪
 
 
傷や汚れに強いスゴピカ素材使用、
カウンターとの継ぎ目や排水口は
スキマレス設計なので
拭き掃除が簡単で
汚れもたまりにくくなっています。
 
 
Panasonicシステムキッチン
対応シリーズ:Lクラス
 
 
 
本日は、この時期の食品保存のポイント、
Panasonicのオススメ設備を
ご紹介しました。
 
食品を小分けにしたりする作業も
皆で使いやすいキッチンだと
自然とお手伝いもしやすくなり、
家族のコミュニケーションも
増えそうですね😊
 
今回ご紹介した「ラウンドアクセスシンク」は
Lクラスキッチンのみ対応しています。
 
その他にも色々な
キッチンプラン用意しておりますので
リフォームご検討中の方は
是非、雅住建までお問合せください(^▽^)/
 
 
 
 
 
 

▷▶施工事例

 

▷▶お問合せ

 

▷▶資料請求

 

▷▶友だち追加

 

 

ご相談はこちらから
0120-6410-19 0120-6410-19
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る